使用される素材や塗料 | リフォーム工事をして家を生まれ変わらせる
インテリア

使用される素材や塗料

木製サッシに使用される素材は、数多くあります。
主材として、木肌の美しさや強度の高い米松、米ヒバ、ニヤトー集成材といったものがあり、その中から選ぶことが出来ます。
集成材は一般的にくるいにくいと考えられていますが、乾燥によるもので、集成材だからといって必ずしも丈夫というわけではありません。
木製サッシにするときには、素材選びをきちんと行う必要があります。
厳しくチェックしないと、乾燥がしっかりとしていないものは、くるったり曲がったりしてしまいます。
ヒバという素材は、構造材や加工材としても使用されるもので、吸音性や芳香性、さらにシロアリのような害虫にも強い素材となっているので、多くの人に選ばれています。

複合サッシというものがあり、外側がアルミで、内側が木製サッシとなっているものです。
全て木製サッシにするのではなく、外側をアルミにすることで耐候性やメンテナンスの簡易さが得られます。
家の中を木製にすることで、居心地のいい空間を演出することが出来ます。
木製サッシを作るときには、塗料が塗られますが、それも天然の植物油のものを選ぶことが出来ます。
表面に塗膜を作らない含侵性塗料というものが使われています。
木が呼吸することが出来る塗料を使うことで、木の中に入った雨水が、晴れると蒸発して乾燥するので、木の腐食も起きることがありません。
木製サッシの長持ちの秘訣は、塗料にあります。色も多数選べるようになっているので、家のイメージに合ったものを選ぶことが可能になっています。

Copyright© 2015 リフォーム工事をして家を生まれ変わらせる All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com